【うまさMAX】エースコック『スーパーカップMAX しょうゆラーメン』★ますます食べ応えが増したスーパーカップの醤油ラーメン

【うまさMAX】エースコック『スーパーカップMAX しょうゆラーメン』★ますます食べ応えが増したスーパーカップの醤油ラーメン

スポンサーリンク

 

今年で発売30周年を迎える大盛りカップ麺のパイオニア、エースコックの「スーパーカップ」シリーズ。「圧倒的満足感」をキーワードに「スーパーカップ1.5倍」から「スーパーカップMAX」として新登場しました。

その「スーパーカップMAX」から新商品として『スーパーカップMAX しょうゆラーメン』が2018年9月24日に新発売されました。今回の「しょうゆラーメン」をはじめ「みそラーメン」「とんこつラーメン」と3つの同時発売となっております。

今まで90gだった麺量が大台の3ケタ100gにアップし、「さらにしっかりとした食感のめん、後引くおいしさのスープ、存在感のある具材が合わさった食べごたえMAXな一杯」とのことで、もともとあった食べ応えがさらに増し、ますます満足感の得られる「スーパーカップ」として生まれ変わったといいます。

果たして、どのような「スーパーカップ」になっているのか、とても気になるのでさっそく食べてみました。

スポンサーリンク

実食!『スーパーカップMAX しょうゆラーメン』を食べてみた

▼『スーパーカップMAX しょうゆラーメン』は、希望小売価格200円(税抜)、内容量119g(めん 100g)、カロリー513kcal。

 

▼「スーパーカップMAX」の特徴は、麺90gから100gになったこと。

ガッツリ食べられるっていうイメージのある「スーパーカップ」ですが、今回「MAX」と付いたことで若者は若者でも「高校生」をターゲットにしているようです。もともとボリュームのある食べ応えをウリにした若者向けのカップ麺だったけど、まさか高校生とはね。僕が高校生の時ってめちゃめちゃ食べていましたが、麺量100gくらいで足りるのかな!?そのうち「100g×100g」の「ダブルMAX」っていうのが登場したら面白いですね。

 

▼開封してみると、「液体スープ、粉末スープ、かやく」の3袋が入っています。

そして麺がカップに収まっているわけですが、今までの「カドメン」ではなく、特に何の名称もない油揚げ麺を使用しているようです。「スーパーカップ」といえば「カドメン」だったんですけどね。

価格200円を維持して提供するのに、コスト的な理由で「カドメン」ではなくなったのかもしれませんね。「カドメン」のまま麺量を増やすのは難しかったのかも。

 

▼かやくは「焼豚、コーン、ねぎ、メンマ」。内容は変わっていませんが、なんか若干量が減ったような!?気のせいかもしれませんけど・・・。

 

▼粉末スープを加え、熱湯注いで3分間。液体スープはそのあとに。

 

▼3分後、フタの上で温めておいた液体スープを仕上げに加えます。

 

▼完成!見た目は今までの「スーパーカップ」と変わりませんが、大盛りカップ麺から醸し出す迫力は増している感じ!?

 

スポンサーリンク

 

▼ツルっと滑らかなすすり具合が気持ちのいい麺です。

やや縮れのある油揚げ麺で、丸麺になったからなのか「カドメン」のときよりも滑らかさがあるように感じます。

すすり具合はなかなか好感触ですし、適度な縮れがスープをよく絡めてきます。ただ時間が経ってくると弾力が弱まってきますね。とは言っても、ちょうどいい柔らかさの食感に変わってくるので、これはこれで良いんではないでしょうか。

柔らかいけど頼りない食感ということもないし、このソフトな麺がスープとよく馴染むので、充分に旨さを発揮してくれています。

以前の「カドメン」の力強い弾力と食感の良さには、残念ながらちょっと及ばないかなぁとは感じますが、それでもなかなか良くできた麺だと思います。

 

▼醤油のコクが際立ったキレのあるスープは健在です。

濃い醤油と鶏ガラをベースに、鶏の油脂がさらにコクと甘みを上乗せしており、分厚い濃厚な醤油スープになっています。

以前と比べると格段には変わっていませんが、ちょっと鶏ガラが強くなった気もしますね。醤油の甘さやカツオの旨味や風味も感じますが、それよりも鶏ガラの塩っ気が目立っているように感じます。鶏ガラによって「しょっぱさ」は出てきますが、それによって味の力強さが増し、コッテリとしたキレのある味に仕上がっています。

こういうハッキリとしたガツンとくる味は、やっぱり若い方に好まれるのでしょうね。

 

▼トッピング具材は、「焼豚、コーン、ねぎ、メンマ」。

現物で比べて確かめていないので分かりませんが、リニューアル前よりも全体的に量が少ない!?それか麺量が増えたので少なく見えるのか!?

 

▼焼豚は、豚バラ肉を使用しています。脂身もしっかり脂がのっていている本格的な具材です。肉感のある嚙みごたえで、噛めば豚肉そのものの旨みと塩気のあるスープの味がジュワっと染み出てくるので、めちゃウマなんですよね。

ますます充実した食べ応えのある「スーパーカップ」はやっぱり旨い!

実にうまかった!今回の『スーパーカップMAX しょうゆラーメン』はいいリニューアルだったのではないでしょうか。

カップ麺に限らず、価格を据え置きにするために内容量を減らす商品が多い昨今、値段はそのままに麺量を増やすっていうエースコックの心意気を買いたいですね。

「カドメン」ではなくなったことにより、麺の食感に力強さがやや抜けてしまったものの、麺やスープの相性もよく全体的にうまくまとまった仕上がりを魅せており、間違いのない「スーパーカップ」の旨さになっています。

麺量100gがターゲットにしている今ドキの高校生のお腹を満たすことができるかはわかりませんが、オジサンには充分すぎるボリュームです。ますます食べ応えに満足が得られるようになったのは嬉しいことですよね。

ガッツリとカップラーメンを貪り食べるには最高の一杯ですので、お腹を空かせた腹ペコキングな方にオススメです!

カップ麺カテゴリの最新記事