【食べ比べてみた】エースコック「スーパーカップ1.5倍」★復刻版 スーパーチャーシューラーメン生しょうゆ仕立て

【食べ比べてみた】エースコック「スーパーカップ1.5倍」★復刻版 スーパーチャーシューラーメン生しょうゆ仕立て

今回は、エースコックの「 復刻版 スーパーチャーシューラーメン生しょうゆ仕立て」を食べてみたいと思います。

「スーパーカップ」は、味わいとボリュームでの満足感が得られる食べ応えのあるカップ麺として愛され続けて、今年で発売30周年となるそうです。
そんなスーパーカップシリーズから、発売当時の味わいとパッケージをイメージしたという4種類の復刻版が2018年7月2日にリリースとなりました。
今回食べてみる「スーパーチャーシューラーメン生しょうゆ仕立て」をはじめ、「スーパーみそラーメン 生みそ仕立て」、「スーパーとんこつラーメン 博多味」、「大盛りいか焼そば」のラインナップです。

現行販売している今の「スーパーカップ」とは一味違うという、発売当時の味わいを楽しんで食べていきたいと思います。
 

 

スポンサーリンク

エースコック「スーパーカップ1.5倍」★復刻版と現行版の醤油ラーメンを食べ比べてみた

先述にもあるように、「スーパーカップ」が30周年を迎えて復刻版を発売したんですが、つまり30年前の1988年当初の味ってことなんですよね。
「スーパーカップ」は、発売から長年愛され続けてきたカップ麺なのはわかるんですが、当時の味をはっきりと覚えているかたは、ほとんどいらっしゃらないんじゃないでしょうか。
当時、まだ小学生だった僕が「スーパーカップ」を食べたことがあったのかさえ覚えていませんが、復刻版の「スーパーカップ」と、現在の「スーパーカップ」の味って一体どれくらい違って、どれくらい30年前から進化したのか気になりますよね。

そんなわけで、「復刻版 スーパーチャーシューラーメン生しょうゆ仕立て」と、現行の「スーパーカップ1.5倍 しょうゆラーメン」を食べ比べてみました。

 

エースコック「スーパーカップ1.5倍」復刻版と現行品の醤油ラーメン★その中身は!?

別添しているものは!?

復刻版の別添しているものは、“かやく”、“粉末スープ”、“液体スープの3袋です。

こちらは現行品の別添している、“かやく”、“粉末スープ”、“液体スープの3袋です。

左が復刻版で、右が現行品の“かやく”を入れた中身です。

復刻版は、“焼豚”、“メンマ”、“なると”、“ねぎ”の具材が入っていますが、イメージ的には中華そばを意識しているんですかね。
麺は、中細の油揚げ麺です。

現行品のほうを見てみると、“かやく”の“豚バラチャーシュー”、“コーン”、“ねぎ”、“メンマ”と、復刻版とは違った品揃えになっています。
麺は、しっかりとした弾力があるというエースコック自慢の「カドメン」で、中太の油揚げ麺です。
独自配合によって、麺の中身の質を高め、モチモチとした弾力と厚みに、角の立った食感を味わうことができるとか。

こうして見るだけでも、麺の太さや色合いも違いますし、「カドメン」という独自製法の麺から、30年という月日での進化が垣間見れます。
また、復刻版カップの材質は発泡スチロールですが、現行品は紙カップになっていますので、こんなところからも時代の流れを感じますね。

 

気になるカロリーは!?

上が復刻版、下が現行品の栄養成分表です。

復刻版は447kcal(めん・かやく400kcal、スープ47kcal)、現行品は466kcal(めん・かやく382kcal、スープ84kcal)で、少し現行品のほうが高めのカロリーになっています。
注目したいのはスープだけの数値で、復刻版47kcalに対して現行品は84kcalの倍近いくらいのカロリーですので、復刻版のスープよりも現行品のスープのほうが濃厚な味わいだと予測できますね。

 

熱湯入れて3分間でスーパーカップの醤油ラーメンのできあがり

復刻版も現行品も、お湯をそそいで3分間待ちます。

“液体スープ”はどちらもフタの上で温めておきます。
意外とスープが凝固していて袋から出にくいのと、お湯に溶けにくい為にやっておくんですが、30年経ってもここは変わらないんですね。

そして、3分間経ってフタを取り外した状態がこちら。

左が復刻版、右が現行品です。

それから、温めておいた“液体スープ”と“粉末スープ”を投入して、よ~くかき混ぜてスープを馴染ませたら、「復刻版 スーパーチャーシューラーメン生しょうゆ仕立て」と「スーパーカップ1.5倍 しょうゆラーメン」の2品が完成やぁ!

復刻版と現行品の醤油味スーパーカップを実食!

スープについて

復刻版 のスープは、チキンをベースに、生醤油の豊かな味わいと香味野菜で風味を加えた、発売当時をイメージした醤油スープとのことです。

醤油の甘みとチキンの旨みがしっかりと出ているスープに、香辛料の風味がさりげなく利いたアクセントとなって、コクある後味スッキリな味わいになっています。
チキンよりは醤油のほうが強く前に出てくるバランスで、濃厚というよりは甘みのある“まろやか”さがあって、味の厚みはしっかりと感じられる飲みやすいスープですね。

「旨み ど!ストライクスープ」と名付けられている現行品のスープは、チキンをベースに、香りの良い鶏油と香味野菜の風味が特長のコクがありながらもスッキリとした醤油スープとのことです。

醤油の甘さと鶏ガラの旨味をベースに、鶏の油脂がさらにコクと甘みを出して味の幅を広げています。
そこに、ニンニクの香ばしさとカツオの風味が加わることで、こってり感のある濃厚さとスッキリとしたキレのある味わいの醤油スープに仕上がっています。

上が復刻版のスープ、下が現行品のスープですが、スープの色を見ただけでも濃厚さの違いが伝わってきませんか!?
現行品は、鶏の油脂の浮きも多く、厚みのある鶏ガラ醤油スープだとよくわかります。

麺について

復刻版の麺は、中細の油揚げ麺です。

つるっとした食感で、細いわりには弾力とコシを合わせ持っていて食べ応えがあります。
適度な縮れもあり、スープともよく絡みますので、醤油と鶏の旨味が利いたスープをより良く味わえます。

現行品の麺は、中太の油揚げ麺で、独自配合により“口の中で踊るような食感”になっているという「カドメン」です。

しっかりとした弾力があり、歯切れの良い食感です。
スープにプカプカと浮いている鶏の油脂が麺にしっかりとコーティングされることもあり、麺が本来持っている“つるみ”と相まって、つるつるっと食べやすい麺になっています。
麺を口にはこべば、濃いながらもスッキリとした鶏ガラ醤油の旨味に、香ばしいニンニクの風味と程よく利いたカツオの風味をしっかりと味わえます。

トピング具材について

復刻版は、中華そばを意識した“焼豚”、“メンマ”、“なると”、“ねぎ”の具材が入っていて、それに対して現行品は、“豚バラチャーシュー”、“コーン”、“ねぎ”、“メンマ”と入っていて、ワカメがあれば完全にコーン醤油ラーメンのイメージです。

上が復刻版の“焼豚”、下が現行品の“豚バラチャーシュー”です。

復刻版の“焼豚”は、柔らかい歯ごたえの中に脂身の旨みも感じられ、スープの鶏と醤油の味わいともよく絡んでいて食べ応えがあります。
それに対し、現行品の“豚バラチャーシュー”は、しっかりした肉感のある嚙みごたえで歯触りも良く、噛むごとに豚の旨みとスープのコクある味がジュワっと舌に感じることのできる美味しさです。

 

まとめ

今回は、エースコックの「復刻版 スーパーチャーシューラーメン生しょうゆ仕立て」を食べてみるうえで、現行の「スーパーカップ1.5倍 しょうゆラーメン」との味を比べてみました。

現行品は、復刻版の正常進化という味わいではなく、同じスーパーカップの醤油ラーメンですが全く違った性格を持つ2品です。
時代が求める醤油味を追求し続けた結果なのだと思います。

復刻版は、鶏と醤油をベースにしながらも醤油の甘みと風味が前面に出ている、コクがあるまろやかな鶏醤油スープに、隠し味的な香辛料の風味がアクセントとなって控えめな程よいパンチを利かせた味わいになっています。
そこに、つるみのある食感で、細い割には弾力とコシや適度な縮れがある油揚げ麺は、醤油と鶏の旨味が利いたスープをより良く味わえます。
イメージ的には、カップ麺で昔ながらの「中華そば」を作ってみたらこうなりましたっていう一杯だと感じました。

それに対して現行品は、とにかく鶏油のコクと旨みがしっかりと利いている一杯になっています。
鶏ガラ醤油の旨味に、鶏の油脂がのっかって、味の厚みを出している味わいに、ニンニクやカツオの風味の相性もよく、醤油と鶏の濃厚感が味わい深く爽快なキレのある醤油ラーメンです。

現行品の弾力がある歯切れの良い食感の「カドメン」は、スープの濃厚さにも負けていないしっかりとした甘みと風味を楽しめる麺になっており、復刻版と比べてみると、しっかりとしたコシに弾力、モチッとした食感が時代とともに進化を遂げてきたんだなぁってわかります。

スープは、復刻版より現行品のほうが手間がかかっている味だと良くわかるレベルで、味の厚みという面で差が出てしまうのは仕方ないところですが、美味しいかどうかっていうのは好みの問題だと思います。

例えば、昔ながらの中華そばにみられるような安定した「コクもある優しいまろやかな味わい」か、家系ラーメンなどのパンチのある「ガツンと利いた濃厚な味わい」のどちらが好きかっていうような。

どちらも美味しいですが、復刻版みたいな食べてみるとホッとして安心感のある醤油ラーメンの味わいは、僕はけっこう好きですね。

気になるかたは是非食べてみてくださいね!
 

 

カップ麺カテゴリの最新記事