【濃厚なバターのコクと香り】エースコック『スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン 超やみつきバター状ブロック仕上げ』を食べてみた

【濃厚なバターのコクと香り】エースコック『スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン 超やみつきバター状ブロック仕上げ』を食べてみた

スポンサーリンク

 

エースコックのスーパーカップから新作の2品がリリースしました!

「超やみつき」になるというバター状ブロックで仕上げた「塩バター味ラーメン」と「味噌バター味ラーメン」が2019年1月14日に新発売となっております。

もちろん2品とも購入してきましたが、まずは「塩バター味」からいってみます!

 

こちらがその『スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン 超やみつきバター状ブロック仕上げ』。(名前が長げぇな、おい)

希望小売価格200円(税抜)、2018年1月14日に全国のスーパーやコンビニにて新発売。

 

スーパーカップと言えば大盛りカップ麺のパイオニア的な存在で知られ、多くのファンから支持をされているわけですが、今回の新作も塩バター味ってことでガッツリとイケる一杯になっていそうですよね。

特許製法によって生み出された「バター状ブロック」が本物のバターのようにバター風味がじんわりと広がる、やみつみになる美味しさに仕上がっているとのことで、今から食べるのがとても楽しみであります!

スポンサーリンク

「超やみつきバター状ブロック」と「ホタテだし」がキーポイントの塩バターラーメン

今回の新作スーパーカップは「塩バター味」ってことなんですが、パッケージにもあるように「ホタテだし」で旨味を出しているようです。

 

カロリーは455kcal。

バター味なので何となく高カロリーなのかなって思っていましたが、意外にそうでもないですね。大盛カップラーメンですし、もっとあるものかと・・・。

 

開封すると中には「かやく入り粉末スープ、バター状ブロック」の2つが入っています。

大事そうに守られている「バター状ブロック」をご開帳。

色味や香りからしてもバターそのもの。成分は食用加工油脂、油脂調味料という表記になっていて、厳密に言えばバターではないみたいですが、まったく違和感のないくらいバターっぽいです。

 

粉末スープとかやくの「キャベツ、ネギ、ニンジン」。かやくは粉末に隠れてよく見えませんが、それほど量は入ってないような!?

熱湯注いで3分間。大盛カップラーメンなのでお湯もそれなりに必要です。

まだ「バター状ブロック」は投入していませんが、これにて完成!

チャーシューなんかのパワフルな具材がないので、ちょっと迫力に欠けるかなあぁってのはありますが、やっぱり大盛りサイズながらに食べ応えはありそう。さっそく食べてみましょう!

スポンサーリンク

エースコックの新作「スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン」を食べてみた

まずは「バター状ブロック」は加えず、バター味にする前に素の塩スープを味わってみます。

スープの色味は少しクリーム色っぽいですが、まさしく塩スープって感じ。見た目と同じスッキリとした柔らかな味です。ホタテの旨味に胡椒のスパイス感が加わった優しく味わい深い塩スープになっています。

これだけでもキチンとした旨さがあって、これはこれでアリかなぁとさえ思えますが、麺と絡めてしまうとスープの勢いがもう少し欲しいような気もします。

とにかく塩スープの土台はしっかりしていて間違いはない仕上がり。

 

ホタテの旨味とさりげないスパイス感にバターのコクが合わさった濃厚かつ深みのある塩バタースープ

ここで「バター状ブロック」を入れます!取り出してみるとけっこうデカイ。

スープの色味は変わりませんが、ものすごい油脂がスープに浮いてきました。

お!?コクがかなり出ましたね。濃厚なバター感で風味も良いですし、素直で雑味のない塩バター味ですよ。これはなかなかのもの。

 

「バター状ブロック」がけっこう大きかったので、もっとバターが強めになるのかなって想像していましたが、バター味ばかりが目立つようなことはなく、スープに凝縮されているホタテだしの旨味や野菜の甘みを包み込むように味に広がりをもたせてくれています。

濃厚なバター感だけれども、ホタテだしや胡椒がきちんとした下地をつくっているので、バター味がクドいようなこともありません。

たしかにガツンとしたバター味でコク深さがあり、バターは濃いめです。ですが、厚みのあるバター味の中に、ホタテの旨味と絶妙な胡椒のスパイシーさがしっかりと根付いており、味わい深くあとを引く美味しさの塩バター味に仕上げてくれています。

 

滑らかでのど越しの良い麺だが、スープとのバランスはバッチリ合うとは言い切れない

太めの丸みを帯びた油揚げ麺。しっかりとした弾力と滑らかさを併せ持つとのこと。

う~ん!?弾力があってコシがある麺とは違った方向性の麺ですね。柔らかすぎってことはないですが、けっこうソフトな感じ。歯切れは良いし、滑らかでのど越しもバッチリです。

スープの味もよくついてきますが、スープをダイレクトで飲んだときより、麺を絡ませて味わったほうがよりバター風味が強く出てきますね。いや、バターが出てくるというよりは、ホタテや胡椒感が麺に負けてしまっているのかな!?そう考えるとバランス的には麺のほうが強いってことになりますね。

エースコックのスーパーカップと言えば「カドメン」っていうくらい定評のあった麺を使用していましたが、昨年のリニューアルから何の名もないただの油揚げ麺になってしまったんですよね。

あの「カドメン」の張りのある弾力と滑らかな食感を体験してしまっていると、やっぱり今回の麺はちょっと見劣りしてしまうかなぁってのは正直あります。

ただ、誤解のないように言わせていただきますが、今の麺でも充分なクオリティは持っているのは確かなんです。「カドメン」と比べてしまうとっていうお話でした。

 

野菜中心の構成だが、ボリューム不足は致し方ないと割り切りたい具材

トッピング具材は「キャベツ、ネギ、ニンジン」。

具材は野菜中心の構成で、チャーシューなどの派手な具材もなく、ボリュームもそんなにはありません。

大盛りサイズとはいえ、定価200円(税抜)ってことからすると、もうちょっと頑張ってほしかったかなってのはありますが、「バター状ブロック」にコストがかかってしまうから仕方ないところ。今回はあくまでもバターが主役ってことですね。

一品一品みていけば、シャキシャキっとした食感の良いキャベツ、彩りの良いネギやニンジンで賑わいを魅せてはくれました。

濃厚なバター味ながらもホタテと胡椒のスパイス感がしっかりとした塩バター味の一杯

今回はエースコックの『スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン 超やみつきバター状ブロック仕上げ』を食べてみました。

麺とスープのバランスはちょっと麺のほうが勝ってしまっているかなぁって感じましたが、塩バター味のスープは完成度が高かったですね。

ホタテの旨味と野菜の甘みを存分に惹きだした塩スープに、絶妙に利いた胡椒のスパイス感。そこに目玉である「バター状ブロック」の濃厚なコクと風味が加わり、ハッキリとしたバター感ながらにホタテだしの旨味が染みわたる奥行きのある味わいに仕上がっていました。

麺量も90gという大盛サイズで、この濃厚なバター感はガッツリいきたい派にオススメな一品ですね。

カップ麺カテゴリの最新記事