【実食】エースコック『スーパーカップ1.5倍 豚キムチラーメン 超やみつきブタキムオイル仕上げ』★クセになる豚キムチの辛味が絶品な一杯!

【実食】エースコック『スーパーカップ1.5倍 豚キムチラーメン 超やみつきブタキムオイル仕上げ』★クセになる豚キムチの辛味が絶品な一杯!

エースコックのスーパーカップは、味わいや量での満足感が得られる食べごたえのあるカップ麺として多くの人に愛されていますが、今年で発売 30 周年を迎えるようです。その記念企画として、スーパーカップから「やみつきになる美味しさ」の新シリーズが誕生!スープの美味しさと味の濃厚さを追求した「スーパーカップ 1.5 倍」超やみつきシリーズ として、豚キムチ、野菜タンメン、担担麺の3品が2018年8月27日に新発売しています。

この超やみつきシリーズは、他では味わえない「やみつき」感を別添の「超やみつき」パックで仕上げているのが特徴のようです。そして、スープだけではなく、麺も新開発しています。スーパーカップといえば、弾力の良い食感で定評のある「カドメン」の印象が強いのですが、その新しい麺がどんなパフォーマンスを魅せてくれるのか興味深いところですね。

そんな「スーパーカップ」誕生30周年企画の新シリーズですが 、今回はそのうちの一品である『スーパーカップ1.5倍 豚キムチラーメン 超やみつきブタキムオイル仕上げ』を食べてみたいと思います。

スポンサーリンク

エースコック『スーパーカップ1.5倍 豚キムチラーメン 超やみつきブタキムオイル仕上げ』その中身は!?

▼『スーパーカップ1.5倍 豚キムチラーメン 超やみつきブタキムオイル仕上げ』は、200円(税抜)で内容量107g(めん 90g)、カロリーは476kcal。言わずと知れたバケツ型ビッグサイズの重量感があるカップ麺です。

パッケージは赤を基調とした色使いで、辛いキムチ味を想像させるデザインとなっています。「豚キムチ」と大きく書かれたロゴが、かなり目を引き付けます。「豚キムチ食べるぞっ!!」って、その気にさせる雰囲気を持つ見た目です。

▼その味と食べごたえのある量で人気の「スーパーカップ」は、大型カップ麺の先駆者としてカップ麺業界を引率してきたと言ってもいいでしょう。発売30周年、おめでとうございます!

▼別添しているのは、“粉末スープ”、“かやく”に加え、味の決め手になるという「超やみつき」パックの“ブタキムオイル”。

▼今回の「スーパーカップ」は、新開発された麺を使用とのこと。

「カドメン」ではない新しい麺ということで、そのデキに期待したいところ。パッと見た感じでは、太さや“ちぢれ”具合、黄色みのある表面、小麦の漂う風味に違いを感じず、なんか「カドメン」っぽいけど!?

▼お湯を注ぐ前に、“かやく”を先に入れておきます。

▼“かやく”は、味付豚肉、白菜キムチ、ねぎ、唐辛子の品揃え。

お湯で戻してみないとハッキリしませんが、キムチよりも豚肉のが大きくて多い印象です。

スポンサーリンク

実食!スーパーカップの 豚キムチラーメン を食べてみた

▼“粉末スープ”は先入れタイプ。カップの中に入れちゃいます。

▼熱湯入れて3分間。「超やみつき」パックの“ブタキムオイル”をフタの上で温めます。

▼3分後、温めておいた“ブタキムオイル”をチュ~と投入したら、『スーパーカップ1.5倍 豚キムチラーメン 超やみつきブタキムオイル仕上げ』のできあがり!

濃厚なキムチの香りが漂ってきます。この香りからして、これは「旨いに違いない」と実感できます!
麺量が多いため、スープの表面よりも上に麺が姿を見せています。このスーパーカップらしさのある迫力満点な立ち振る舞いに、貫禄さえも感じますね。

▼内容量107gという重厚感のあるボリューム。具材には、味付豚肉、白菜キムチ、ねぎ、唐辛子が入っていて、食べごたえのある一杯になっています。

スープの配合は基本ベースとなる醤油味に、「ポークエキス」や「ポーク調味料」といった豚の旨味と「魚介エキス」や魚醤の魚介の旨味を加え、「オニオンパウダー」といったものも使用しています。もちろん、香辛料によって辛味もついています。

スープそのものの味はアッサリとしていますね。辛さもそれほど感じませんが、後入れの「ブタキムオイル」を付け加えることによって、キリっと引き締まったキレのある辛味に変化を遂げます。また、具材の唐辛子がさらに辛味を惹きたて、キムチ感が増したスープに仕上げてきます。
豚肉やキムチを芯までトコトン炒めたような濃厚なキムチ風味のしっかりとした辛さのある旨味で、辛さはピリ辛といったところ。辛さの中にも、豚や魚介の利いた醤油スープのまろやかなコクある味が、口いっぱいに広がってくるのを感じられることから、スープにバランス良く寄り添った辛味になっているのではないでしょうか。

▼今回の麺は、「カドメン譲りの食感の強さを持ちながら、のど越しの良さとスープとのマッチングを追求した」麺になっているとのこと。太さは中太といったところで、丸みを帯びた油揚げ麺になっています。

さあ、さっそく「カドメン」とは違う新しい麺を食べてみよう!ずるずるっとひと口勢いよく麺をすすります!

うん、うまい!!でも違いはよくわからんw

新しい麺は丸麺だということで、角の立った食感である「カドメン」と大きく違う点はそこ。それ以外には新しいっていう要素が見当たりません。「カドメン」じゃないと言われなければ、気付かないレベルです。そう考えると新しい麺は、いつもの「スーパーカップ」と思えるクオリティの高い麺であることが実証されたと言ってもいいってことですね。「カドメン譲りの食感」に間違いはありません。

しっかりとしたコシのある弾力で嚙みごたえもあり、モチモチな食感も「カドメン」に負けずとも劣らない味わいで美味しくいただけます。スープとの絡みも良好で、辛味のあるキムチ味に、麺の旨味がマッチしたバランスの良い味わいです。
麺量は通常の1.5倍という満腹感の得られるボリュームはさすがですし、ピリ辛なキムチ味も食欲を刺激してくることから、かなり食べごたえのある内容になっていますね。

▼具材は、味付豚肉、白菜キムチ、ねぎ、唐辛子。

豚キムチなので、当然メインは“味付豚肉”と“白菜キムチ”。ともにそれほどのボリュームはありませんが、味はなかなか美味しいですね。

“白菜キムチ”は、シャキシャキとしたキムチらしい食感があり、“味付豚肉”と一緒に食べると豚キムチ感をよく感じられます。豚肉は、肉感のある嚙みごたえと味わいがあります。ただ、小ぶりということで、食べごたえは少し欠けます。唐辛子は、スープをより高い辛味に仕上げる存在です。「ブタキムオイル」と合わさることで、強いキムチ感をスープに与える役目を担っています。“ねぎ”については、色付けと香りづけといったところですかね。

まとめ★食べごたえ充分!スーパーカップの 豚キムチラーメン は「やみつき」の美味しさ!

今回は、エースコックの『スーパーカップ1.5倍 豚キムチラーメン 超やみつきブタキムオイル仕上げ』を食べてみましたが、基本の豚や魚介の旨味を凝縮したアッサリ醤油味に、唐辛子や「超やみつき」パックの「ブタキムオイル」がキムチ味を味わい深い辛みに演出している一杯と感じました。
「スーパーカップ」の定番である「カドメン」ではなく、「カドメン」の食感を損ねることなく新しい食感を追求した麺を使用しています。その違いは丸麺ってことくらいで、ほかには大差はないように思います。「カドメン譲りの食感」はそのままってことなようなので、当たり前のような気もしますが、この新しい麺も油揚げ麺とは思えないパフォーマンスを魅せてくれる完成度の高い麺ということは、揺るぎない事実ですね。

炒めた豚キムチのような風味とピリ辛さが楽しめ、ちょうど良い塩梅で利いている辛味が飽きのこない味わい。通常の1.5倍の大盛サイズな麺であることからも、かなり満足のいく食べごたえの得られる一杯になっています。この「豚キムチラーメン」は、間違いなく「やみつき」になる美味しさですね!

カップ麺カテゴリの最新記事