エースコック『マサカのウマサ 中華風あんかけ醤油ラーメン×粒マスタード入れてみた』を食べてみたらマスタードってめちゃ合うじゃんってなった話

エースコック『マサカのウマサ 中華風あんかけ醤油ラーメン×粒マスタード入れてみた』を食べてみたらマスタードってめちゃ合うじゃんってなった話

スポンサーリンク

 

エースコックから新しいカップ麺シリーズが誕生している。

その名は『マサカのウマサ』。

普段はラーメンに使わないような意外な調味料や食材を合わせた“マサカ”なおいしさがコンセプトの新ブランドだ。

 

これがその第1弾として登場した『マサカのウマサ 中華風あんかけ醤油ラーメン×粒マスタード入れてみた』だ。(名前長いわw)

定価205円(税別)、2019年1月28日に新発売。

オイスターの旨み溢れる“あんかけ醤油ラーメン”に後入れの粒マスタードで仕上げる「マサカ!?」なおいしさになっているとのこと。

要するに、“あんかけ醤油ラーメン”に“粒マスタードを入れてみた”という、商品名そのまんまな一杯ってことやね。

たしかにマスタードってフランクフルトとかホットドックにつけることくらいしかパッと思いつかないし、ラーメンに入れちゃうって、まさに意外な調味料かも。

スポンサーリンク

エースコックの『マサカのウマサ 中華風あんかけ醤油ラーメン×粒マスタード入れてみた』を食べてみた

大きく“粒マスタード”とアピールしているパッケージ。レンゲにこんもりとした“粒マスタード”に目が惹かれるんだけれど、実際にこの量だったらハンパないぞ、こりゃ。

ペロっとフタをめくってみる。別添品はフタに張り付けるんじゃなく、カップの中に入れちゃうっていうのがエースコック流だ。

今回の「マサカのウマサ」の大きな特徴は、この“特製ペースト”。もちろん中身は“粒マスタード”なんだけれど、これが味の決め手になるのだ。

かやくは、「鶏・豚味付肉そぼろ、キャベツ、赤ピーマン、キクラゲ、ねぎ」という豪華で多彩な顔ぶれで賑わう。種類が豊富で量も多いし、満足感の高い内容だ。「粒マスタード」という意外性のある奇抜なイメージに頼っりっぱなしじゃなく、本気の作り込みを感じる。

熱湯で3分間の湯戻し。

時間が経ったら、いよいよ“特製ペースト”の粒マスタードを投入するとき!

おおっ!けっこうあるね、粒マスタードの量がっ。パッケージにはレンゲにこんもりと盛られていたけれど、ぜんぜん誇張されたこともなく、イメージと変わらない大盛りサイズとなっている。

スポンサーリンク

とりあえず、“粒マスタード”を混ぜる前にスープを飲んでみたんだけど・・・

めちゃ柔らかい味で、なんかほんわかとしてくる。醤油の塩気よりも甘さに重点をおいたバランスで、オイスターの旨みがしんみりと染みわたってくる、深みのある味わいのスープだ。

マスタード無しでも、「このままでも充分うまいんじゃね!?」っていうのが率直な感想なんだけれど、“餡かけ”というわりには控えめな“とろみ”だし、味の強さでいうとかなり優しいので、ガッツリ系好きにとっては物足りなさがあるかも。かなりまとまった醤油味になってはいるけれど、正直インパクトには欠けるかなってところかな。

だけどもね、“粒マスタード”をスープにしっかりとかき混ぜてみれば・・・

 

ガッツリとしたマスタードの香りと辛みがっ!!!

 

おおぅ、けっこうくるね、マスタードの刺激。っていうかカラシなんじゃね!?ってくらい強い辛味が舌に残るし、カラシ感のあるスーっとした香りが鼻を抜けていく。

粒マスタード特有の種子による粒々な食感があるし、うっすらと酸味も感じるんだけれど、めちゃカラシやん、これ。カラシの香りがツーンと目に染みてくるし、なかなかな利き具合やね。

 

「角刃の中細めん」とのことだけれど、角は丸みを帯びていて、パッと見は丸麺のようだ。

弾力が強く、歯ごたえがあるし、プリッとした食感で歯切れも良い。“粒マスタード”によるカラシの辛みがあるスープが絡んできても、しっかりと存在感をもっている麺だ。これだけ強いスープの味なのに、その旨味と食感をきちんと主張してくるのだ。それでいてスープの旨味を邪魔することなく、オイスターの旨みを利かせたあんかけ醤油スープに、マスタードの辛みと酸味が加わった刺激のある味わいをトコトン楽しめる仕上がりとなっている。

“特製ペースト”である“粒マスタード”の存在感が衝撃的すぎたんだけれど、具材も豊富な種類で充実した内容だ。「味付け肉そぼろ、キャベツ、赤ピーマン、キクラゲ、ねぎ」という具材が入っている。中華風の餡かけということで、八宝菜を思い浮かべるんだけど、中でも“味付け肉そぼろ”が大量に入っているのが目立つ。エースコック、なかなか侮れないね。これはかなり嬉しいぞ。

“味付肉けそぼろ”は、鶏と豚肉。スパイシーな味付けで柔らかめの肉感ある歯ごたえがグット。ギクラゲは中華っぽさを演出してくれてるけれど、ちょっと少なめ。コリコリしたギクラゲ、シャキシャキとしたキャベツが食べ応えのある食感で、赤ピーマンやネギの彩りと風味も良いし、具材はかなり凝った内容で豪華だ。

 

おすすめ度は?(ふつう=星3)
★★★★★★☆☆☆☆(星6)

新ジャンルの「マサカのウマサ」第1弾は、“あんかけ醤油ラーメン”に“粒マスタードを入れてみた”というカップラーメン。

素のあんかけ醤油スープは、オイスターがやんわりと利いた優しい味だったけれど、“粒マスタード”を加えることで、ピリっとした刺激のある辛味と香りが楽しめる仕上がりとなる。

そして、充実した具材も見逃せない。肉具材の“味付けそぼろ”が大量に入っているのは素晴らしいことやね。もう大盤振る舞いと言ってもいいくらいだし、“粒マスタード”というインパクトだけには収まらない気合の入った作り込みは、エースコックの本気を垣間見た気がする。

まさにコンセプトの狙い通りに「マサカ!?」な美味しさ。今までになかった、この組み合わせの一品をぜひ食べてほしいかな。

カップ麺カテゴリの最新記事