【イカ焼きそば食べ比べ】エースコック「復刻版 大盛りいか焼そば」★「スーパーカップ 大盛りいか焼そば」30周年記念の焼きそば

【イカ焼きそば食べ比べ】エースコック「復刻版 大盛りいか焼そば」★「スーパーカップ 大盛りいか焼そば」30周年記念の焼きそば

今回は、エースコックの「復刻版 大盛りいか焼そば」を食べてみたいと思います。

初登場から30周年の「スーパーカップ」シリーズから復刻版として、「復刻版 大盛りいか焼そば」が2018年7月2日にリリースしました。
「復刻版 大盛りいか焼そば」をはじめ、「スーパーチャーシューラーメン生しょうゆ仕立て」、「スーパーみそラーメン 生みそ仕立て」、「スーパーとんこつラーメン 博多味」の復刻版4種類がラインナップ。
発売当時の味わいをイメージしたもので、懐かしさと斬新さを楽しめる一杯になっているようです。

前記事で食べてみた「スーパーチャーシューラーメン生しょうゆ仕立て」は、どこか懐かしい中華そばのようなコクある優しい味わいになっていて、今の時代に出しても充分美味しくいただけるカップ麺に仕上がっていましたが、今回食べてみようと思う「復刻版 大盛りいか焼そば」は、どんな味わいとなっているのか楽しみな一杯です!

スポンサーリンク

エースコック「復刻版 大盛りいか焼そば」と現行品の「大盛りいか焼そば」を食べ比べてみた

スーパーカップの「大盛りいか焼そば」は、その味わいと食べ応えのある麺のボリュームで満足感が得られるカップ焼きそばとして、発売当初から30周年を迎え、愛され続けています。

発売当時の味わいをイメージした「復刻版大盛りいか焼そば」をリリースしたわけですが、この復刻版はもちろん、実は現行品の「大盛りいか焼そば」も1度も食べたことがないんですよね。

なので、復刻版と現行品の両方ひっくるめて食べるのが楽しみですし、復刻された「大盛りいか焼そば」と現在の「大盛りいか焼そば」とは一体どのように違うのか、どれくらい進化しているのか気にもなっております。

そんなわけで、「復刻版大盛りいか焼そば」と、現行の「大盛りいか焼そば」を食べ比べてみました。

 

エースコック スーパーカップ1.5倍★「大盛りいか焼そば」復刻版と現行品の中身は!?

別添しているものは!?

左が復刻版、右が現行品です。

復刻版と現行品は同じ種類のものが別添されています。
“液体ソース”、“かやく”、“ふりかけ”の3袋ずつは同じですが、もちろん中身は違います。

左が復刻版の麺、右が現行品の麺です。

復刻版の麺は、少し楕円っぽい丸めな中細の油揚げ麺です。
現行品は、復刻版と比べてみても厚みのある中太の油揚げ麺となっています。
こうして見ると、けっこう見た目が違いますね。
この太さの違いが、どのような味わいになって、ソースとの絡みにどのように影響してくるんでしょうか。

“かやく”をカップの中に投入。
左が復刻版、右が現行品です。

“かやく”の種類は同じで、2品とも“いか”、“キャベツ”が入っています。
具材の見た目的にも、質量的のも変わらない感じですね。
どちらのほうからも、“いか”の良い香りがプ~ンと漂い、鼻から抜けていくのがたまりません。

気になるカロリーと塩分を見てみます。

上が復刻版、下が現行品の栄養成分表です。

復刻版659kcal、現行品703kcalです。
現行品のほうが高めのカロリーですので、復刻版に対し、それだけ濃厚な味ということなのかもしれません。
塩分は復刻版6.8g、現行品6.3gと、カロリーとは逆に復刻版のほうが若干多いですね。
この辺が、どう味わいに影響しているのか。

 

熱湯入れて3分で復刻版と現行品「大盛イカ焼きそば」のできあがり

お湯を入れてから3分間、復刻版も現行品も待ちます。

“液体スープ”は、後から出しやすいように、フタの上で温めておきます。

3分間待ってフタを外した状態がこちら。

左が復刻版、右が現行品です。

そして、“液体ソース”をカップにぶちまけて、麺を混ぜて混ぜて、混ぜまくってソースを馴染ませ、仕上げに“ふりかけ”をササっとかけたら、「復刻版 大盛りいか焼そば」と「現行品大盛りいか焼そば」の完成やぁ!

ソースの香ばしさと、イカの海鮮風味が相まり、食欲を誘う良い香りになって漂ってきます。

 

復刻版と現行品「大盛イカ焼きそば」を食べ比べ実食!

ソースについて

まず、復刻版のソースは、やや塩気のあるシンプルな味わいの印象です。
そこに、胡麻、アオサ、紅ショウガの“ふりかけ”のアクセントが利くことによって、味を引き締め、しっかりとしたソースの甘さとスパイス感のある味わいになっています。

ビーフの旨みとリンゴの甘みに、野菜の旨みも加わり、香辛料の風味も楽しめるとのことですが、香辛料や“ふりかけ”によるスパイシーさのある辛味と胡麻やアオサの風味が前に出てくる為か、弱めな主張のビーフの旨みとリンゴのフルーティな甘さは、隠し味的な利き具合です。

ガツンとした濃厚な味わいのソースではなく、しっかりとしたソースの旨みが感じられるシャープでサラっとした濃さなので、飽きの来ない美味しさに仕上がっていると思います。

そして、現行品のソースですが、魚介の旨みと風味が具材の“イカ”の風味としっかり合わさった味は、復刻版ソースと比べてみると段違いに旨みに「コク」があります。
さらに、ソースに入っている果実がマイルドさをもたらし、適度な果実の酸味と甘みが味を調えている印象です。

復刻版には使用していない「動物油脂」がコクを惹きだし、「魚介エキス」が旨味と風味を底上げしているのではないでしょうか。
魚介の利いたコクあるソースに、紅ショウガとアオサの「めちゃうま!ふりかけ」によってスパイス感が加わり、パンチのある味わいに仕上がっています。

麺について

復刻版の麺は、弾力、なめらかさをあわせ持つ食感の麺とのことです。

少し楕円っぽい丸めな中細の油揚げ麺で、細めのわりには弾力はあります。
麺自体は、なめらかな食感なんでしょうが、ソースが絡むことによって少しパサついた印象になってしまいます。
人によっては気にならないパサつき感だとは思いますが・・・。

ソースとはよく絡んでいますが、バランス的には麺よりソースのほうが強いです。
そのため、隠れ気味な麺の旨みと風味となっていますが、シャープなソースの味わいを深く感じることができますし、麺をすすれば口当たりは良好なこともあって食べ応えは充分にあります。
麺の主張はそこそこに、ソースの旨みを際立だせるっていうのは、メーカーが意図的に狙ったものなのかもしれませんね。

そして、現行品の麺は、厚みのある中太の油揚げ麺とのことです。

太めなこともあり、麺の芯に弾力があって歯切れも良いです。
しっかりとした嚙みごたえで、噛めばプリっとした食感の中に麺の甘さが感じられます。

スパイスの利いたコクあるソースにもよく絡んでいますし、太めな麺ということもあってソースに負けていないので、ソースと麺の相性バッチリな重厚な味わいが楽しめます。

復刻版と現行品を比べてみると、やはり現行品のほうがクオリティが高いのは否めません。
時代の流れと共に、試行錯誤を繰り返し進化してきた証なので、当然なことなんでしょうけどね。

トッピング具材について

復刻版と現行品は、“いか”、“キャベツ”の2品が入っていて、“ふりかけ”によってスパイシーさを付け加えるのは同じです。

どちらも味の仕上げは“ふりかけ”が決め手となっていますが、復刻版は紅ショウガ、アオサ、胡麻などが中心に入った“ふりかけ”、現行品は紅ショウガ、アオサなどが中心に入った“ふりかけ”となっていています。

ふたつの“ふりかけ”は、紅ショウガや香辛料の利きがベースとなっていて、パンチのあるスパイス感をソースに加えています。
違いとして、復刻版は現行版には入っていない「胡麻」の良い風味が利いていてソースの味に広がりをもたせています。
それに対し現行品は、香辛料によるスパイス感は、復刻版よりも若干強く感じられます。
この香辛料の利かせ方が、強すぎでもなく弱すぎでもなく、絶妙なバランスで麺とソースの旨みに加わって、厚みのある味わいに仕上げていると思います。

“いか”と“キャベツ”は2品とも同じですが、1個1個それぞれ比べてみると、復刻版より現行品のほうが大きくカットされている気がします。
大きさについては、全く均一にカットされているわけでもないでしょうから、ただの偶然なのかもしれません。
具材のボリュームは、双方とも充分な量があって、130gという麺量でも物足りなさを感じることもなく、最後まで満足して食べることができます。

 

まとめ

今回は、エースコックの「復刻版 大盛りいか焼そば」を食べてみるうえで、現在の「大盛りいか焼そば」の味と比べてみましたが、2品とも“ふりかけ”によるスパイス感が特徴の焼きそばでした。

やや塩気のあるシャープなソースに、スパイスの利いたシンプルな味わいの復刻版焼きそば、魚介の旨味と風味に、パンチのあるスパイスが加わり、コクある刺激的な味わいの現行品焼きそば。

比べてみると、ソースの「コク」は圧倒的に現行品のほうが勝っており、味の厚みもあって印象に残る味わいになっています。
かといって、シャープで素朴な復刻版ソースも充分に美味しいので、あまり強めなソースがお好みではないかたには、こちらのほうが合っているのかもしれません。

特筆すべきなのは麺で、弾力やコシ、歯切れよく嚙みごたえのある食感のどれをとっても、現行品は復刻版を大きく凌いでおり、この30年の歴史の中での進化は素晴らしいものがありますね。

総合的に「復刻版 大盛りいか焼そば」は、現在のカップ麺として通用する美味しさはもっています。
ただ、このクオリティのものを新規参入メーカーなんかが出してきた商品ならでの話で、エースコックが主力として出すには、少し頼りないし戦力不足でしょうね。

食べ比べてみて、どちらが美味しいかって感じるのは人それぞれなんでしょうが、個人的には同じ値段で食べ応えの面から考えても、現行品「大盛りいか焼そば」を購入しておいたほうがいいと思いますね。

気になるかたは是非食べ比べてみては!?

カップ麺カテゴリの最新記事