【和風テイスト溢れるカップ焼きうどん】エースコック「ふじっ子 塩こんぶ使用 だし醤油焼うどん」★甘辛い醤油と鰹だしの旨味に塩昆布の塩気が絶妙に利いた一杯

【和風テイスト溢れるカップ焼きうどん】エースコック「ふじっ子 塩こんぶ使用 だし醤油焼うどん」★甘辛い醤油と鰹だしの旨味に塩昆布の塩気が絶妙に利いた一杯

今回は、エースコックの「ふじっ子 塩こんぶ使用 だし醤油焼うどん」を食べてみたいと思います。

フジッコとエースコックのコラボ企画商品として、「ふじっ子 塩こんぶ使用 塩焼そば/醤油焼うどん」が2018年7月30日に全国のスーパーやコンビニなどで新発売しました。
ご飯やおにぎりの具としてふりかけて食べる定番の「ふじっ子 塩こんぶ」を焼きそばや焼きうどんにかけ合わせた一品となっています。

「 塩焼そば」のほうは先日レポしたように、ごま油ベースの鰹だしとニンニクの利いた“たれ”に昆布や白胡麻の風味が加わり、塩気控えめなサッパリとした美味しさがありました。
今度は「焼きうどん」バージョンとなりますが、そのお味のほうは一体どうなっているのでしょうか。

スポンサーリンク

エースコック「ふじっ子 塩こんぶ使用 だし醤油焼うどん」を食べてみた

ふじっ子の塩昆布は、北海道産の昆布を100%使用したものとなっています。
デカデカと「ふじっ子」を強調したパッケージは、エースコックの影が薄くてパッと見はフジッコ単独商品のようです。
「フジッコがついにカップ麺界に殴り込みか!?」と思わせるほどです。

汁なしのカップ麺ということと、昆布の旨味が利いたサッパリとした焼きうどんになっているとのことで、暑い季節にはピッタリな一杯です。
「だし醤油」で仕上げた焼きうどんに「塩昆布」の旨味がどのように合わさってくるのでしょうか!?

エースコック「ふじっ子 塩こんぶ使用 だし醤油焼うどん」その中身は!?

別添しているのは、後入れかやく、調味たれの2袋です。

調味たれは「カツオ風味調味料」や「カツオブシエキス」が主体となっているようで、鰹の旨味が利いていることが想像できます。
“かやく”はまだお目見えしていませんが、塩昆布、胡麻、卵が含まれているようです。

食塩や砂糖で味付けされている油揚げ麺。

太さは「日清どん兵衛」の麺と同じくらいの平麺。
適度な弾力を持つ、たれと相性の良いうどんになっているとのこと。

サッパリした「焼きうどん」というわりには、そこそこな362kcalというカロリー。
内容量は81gとボリュームはあまりないようです。

スープなしと考えると塩分は3.6gなので少し高めです。
塩昆布の塩気が利いているからかもしれないですね。

スポンサーリンク

さっそく実食!

戻し時間は5分です。
カップうどんの麺は一般的に太さがあるので、その分長めになります。

お決まりのように“調味たれ”をフタの上で温めます。

5分経ち湯切りをしてから、温めておいた“調味たれ”をぶっかけます。

香ばしい醤油だれが麺にしっかりとコーティングされて輝きを放っています。

ここに後入れかやくを投入すれば、「ふじっ子 塩こんぶ使用 だし醤油焼うどん」のできあがり!

王道的なカップうどんの平麺に、塩昆布、胡麻、卵とシンプルな具材で飾られた見た目、そして醤油や鰹の風味が素晴らしいです。
日本人の心を刺激する和の味わいが詰まった一品だと感じます。

では、いただいてみます!
まずひと口食べてみると、鰹のだしが利いた醤油味がしっかりと味わえます。
醤油の甘辛さがありますが、甘さよりも塩気のほうが強いです。

食べ応えのある太い麺に、甘辛い醤油ダレと細かく刻んだ塩昆布のしょっぱい旨味がバランスよく絡み合っています。
そこに胡麻のプチプチっとした食感と芳ばしさがのっかってきて、香り豊かな風味をもたらせてくれます。

サッパリというよりは醤油味がしっかり利いた味付けに感じます。
塩昆布の前に出すぎない適度な塩気が鰹だしや醤油味を損ねることなくうまくサポートしている仕上がりを魅せています。

具材は「ふじっ子」のふりかけだけで、塩昆布、胡麻、卵の品揃えです。
内容的には少し寂しさも感じますが、このふりかけあっての「焼きうどん」なのは言うまでもありません。
この「ふじっ子 塩こんぶ使用 だし醤油焼うどん」、豊かな鰹だしの旨味と甘辛い醤油を加えた芳ばしい醤油だれだけでも完成された味わい。
ここに「ふりかけ」である塩昆布の絶妙な塩気具合と胡麻の芳ばしい風味が相性抜群で、醤油味の利いた焼きうどんを更に上の次元の美味しさへと導いてくれているのです。

醤油、鰹だし、昆布の三拍子揃った和の味わいときたら、もう「旨い!」と言うしかないですね。
これぞ日本人が想い描く和風感ある焼きうどんだと言えるのではないでしょうか!?

まとめ

今回は、エースコックの「ふじっ子 塩こんぶ使用 だし醤油焼うどん」を食べてみましたが、芳ばしく甘辛い醤油と和風だしの味わいに、塩昆布と胡麻の旨味と風味が絶妙に利いた和風テイストな焼きうどんになっていました。

長年庶民に愛されているフジッコの「ふじっ子塩こんぶ」とのコラボ商品でしたが、細かく刻まれた塩昆布が醤油と鰹のたれの旨味を存分に惹きたてている一杯です。
甘辛い醤油は味わい深いものがあり、ここに鰹と昆布が合わさってくるのだから、「旨い」と言う選択肢しかないのかもしれません。
この一杯はまた食べたくなってくる和の味わいがあります。

ひとつだけ気になる点を挙げるとすると、汁なしカップ麺にしては内容量が81gという少ないボリュームなので、成人男性の場合は少し物足りないかもしれません。
アッサリというよりはしっかりとした醤油味の美味しさになっているので、これくらいの量のほうがクドくならないのでいいとの見方もありますが、個人的にはもう少し食べたいと感じます。

それを除けば、和風な醤油焼きうどんとしては理想的な美味しさになっているので、是非食べていただきたいとオススメできる一杯になっています。

[su_posts template=”templates/list-loop.php” id=”2106" tax_operator=”NOT IN” order=”desc”]

カップ麺カテゴリの最新記事