【超おすすめ】エースコック『フジッコ 純とろ とろろ昆布うどん』を食べてみたら昆布の旨みと風味豊かなとろろ昆布うどんでめちゃうまかった

【超おすすめ】エースコック『フジッコ 純とろ とろろ昆布うどん』を食べてみたら昆布の旨みと風味豊かなとろろ昆布うどんでめちゃうまかった

スポンサーリンク

 

エースコックとフジッコのコラボレーション商品、『フジッコ 純とろ とろろ昆布うどん』、『フジッコ 純とろ とろろ昆布そば』の2品が2019年1月21日に新発売している。

どちらの商品も、フジッコのロングセラー「純とろ」を使用したシリーズで、化学調味料を使わずに仕上げた素材本来の旨みを活かした味わいが人気だという。

 

「純とろ」とは、フジッコが1970年から発売しているブランドで、厳選した国産昆布100%の風味豊かでふんわり食感が特長の“とろろ昆布”。

当然ながら、この「純とろ」も無化調ってことだから、昆布本来の旨みを味わえ、麺や汁物なんかの料理に使用されることが多い。

長年愛されてきた商品なだけに、誰しもが食べたことくらいはあることだろう。

 

前回は『とろろ昆布そば』を食べたため、もうひとつのほうの『とろろ昆布うどん』を食べてみる。

【エースコック×フジッコのコラボ商品】『フジッコ 純とろ とろろ昆布そば』を食べてみたら昆布の旨みがハンパなくうまい”とろろ蕎麦”だった

 

フジッコ 純とろ とろろ昆布うどん』、希望小売価格180円(税別)。

2019年1月21日に全国のスーパー、コンビニにて新発売。

 

2017年11月に発売した第一弾が好評だったため、それに引き続きリニューアルしての新登場となっている。

化学調味料を使わず仕上げた、麺、スープ、具材の素材を活かした味わいはそのままに、「純とろ」が20%増量されたことによって、スープに広がる昆布の旨みがパワーアップされ、さらに美味しくなったとのことだ。

しかも243kcalというヘルシーさも見逃せない。無化調、昆布、わかめ、というワードが、安心と健康というイメージを待たせてくれる。

カップラーメンを食べたいけれど、少しでも身体を気づかいたいって時に最適な一杯じゃないかな。

スポンサーリンク

エースコック×ふじっ子のコラボ★『フジッコ 純とろ とろろ昆布うどん』を食べてみたら昆布の旨みが際立つ厚みのある味わいで激うまいカップうどんだった

さっそく食べてみようってことで、いざ開封!

カップの中から、「液体スープ」と「純とろ」を取り出す。別添品はこの2つのみで、「純とろ」の小袋に刻まれている「ふじっ子」のロゴが確かにコラボ商品だと認識させる。

すでにカップの中に入っている“かやく”の「卵、ねぎ」。黄と緑の彩りが良い具材だ。あとは「純とろ」の“とろろ昆布”がここに加わってくる。

熱湯で3分間。

湯戻しが済んだら、「液体スープ」を入れよう。

風味豊かな昆布だしに、鰹や煮干の旨みを利かせた化学調味料不使用の“うどんつゆ”とのことだ。

甘く柔らかな和風だしの香りが、優しく鼻を通り抜けていくのがたまらなくいい。無化調ならではの自然な香り立ち。

 

ここで「純とろ」を投入だ。

こんもりとした“とろろ昆布”。とろとろ感がすごくて、すぐスープに溶け込んでくる。

20%増量は伊達じゃない。カップの半分を埋め尽くすほどの圧巻なボリュームだ。

”とろろ昆布”のど迫力に「オラ、わくわくすっぞっ!」と某国民的人気漫画の主人公バリに胸が高鳴ってきた。今なら“か○はめ波”だって撃てそうな気がする。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「純とろ」の“とろろ昆布”がまだ染みこまないうちに、素の“うどんつゆ”をいただいてみることに。

鰹や煮干を利かせたというだけに、関西風の和風だしを活かした“うどんつゆ”のように、口当たりが柔らかなスッキリした醤油味。

鰹と煮干だしだけでなく、昆布もしっかりと感じられる魚介ベースの旨みがふんわりと口の中で広がってくる。

これ、「純とろ」入れなくてもいいんじゃね!?ってくらいだ。

この状態ですでに完成された“うどんつゆ”の味じゃないか。

そして、「純とろ」をしっかりと染みこませた“つゆ”を味見。パッと見は分かりにくいけれど、色味が濃くなっている。“とろろ昆布”がきちんと溶け込んでいる証拠だ。

ほほぅ、これはいい。

とろろ昆布のとろみで、トロリとした舌触りが楽しめ、昆布の旨みがハンパなくのっかってくる。

関西風のだしを基調とした優しい醤油味に、厚みのある昆布感が加わり力強い味わいだ。

もともとあった醤油つゆの昆布だしの旨みに呼応するように、“とろろ昆布”の強い旨みが合わさってくるのだから、これはうまいに決まっているのだ、最初から。

カップ麺では必ずと言っていいほどお目にかかる化学調味料を使っていないことがウリの“うどんつゆ”だけれど、無化調でこれだけの強さのある旨みをつくり出せるって素晴らしいなぁ。

 

そして、滑らかでのど越しの良いうどん麺が、さらにうまさを盛り上げてくれる。とろろ昆布が麺に絡みついてくるので、麺の旨味と昆布のトロトロ感が相まってめちゃうまい。

もちろん麺も化学調味料不使用のことで、太めの油揚げ麺だ。平打ちタイプだが厚みもあって、なかなかの食べ応え。

 

ふっくらもっちり

まさにそんな食感。

 

厚みはそこそこあるが、弾力があるコシの強い麺ではなく、どちらかと言えば伊勢うどんのような柔らかさでふんわりとしている。これは、なかなかの好感触だ。

「日清のどん兵衛」のうどん麺をもう少し細めにして柔らかくしたイメージって言えばわかりやすいだろうか。

“10分どん兵衛”って少し前に話題になったんだけど、くったくたに湯戻しした麺が超うまいってヤツ。あれにちかいかな。

満遍なく混ぜたつもりだったが、まだ“とろろ昆布”が全部溶けきっていなかった。このまま食べても、“ちゅるんちゅるん”でめちゃうまいのは言うまでもない。

昆布の旨みをしっかりと堪能できる完成度の高いとろろ昆布うどん★もっと食べたいので内容量を増やしてほしいと切に願う

「純とろ」や麺、スープ、具材にいたるまで、すべてに化学調味料を一切使っていないカップラーメンだったが、昆布感の強さが際立つ厚みのある“つゆ”で完成度が高い一杯になっていた。

和風だしベースの醤油つゆは関西風の柔らかい味わいながら、「純とろ」の恩恵をしっかりと受け止める懐の深さがあり、“とろろ昆布”の旨みと風味、麺の食感とバッチリ調和がとれた仕上がりだった。

無化調で低カロリーだからヘルシーで健康志向。女性にもちょどいいサイズになっているのでオススメだが、麺50gってのは男性諸君には少ない・・。絶対に足りない、食べたりない。

これだけがちょっと気になるところ。麺量がもう少しあると嬉しいなぁ。

もっと食べたいんだよ~!ってなっちゃうけれど、とにかく昆布の旨みをしっかりと堪能させてくれる、めちゃうまい「とろろ昆布うどん」だからぜひ食べてみてほしいな!

カップ麺カテゴリの最新記事